性格改善に関する悩み




あなたは、なぜ、自分の性格が嫌いなのでしょうか?
あなたの性格のせいで、過去に人を傷つけたり、人間関係を悪くしたことに罪悪感がありますか?
それとも、あなたの人生に起こるいろんな出来事をコントロールできないで葛藤したり、
日常でのちょっとしたことに悩んでいるのでしょうか?

そもそもあなたの性格に、問題はあるのでしょうか? なぜ、そう思ってしまうのでしょう?


暗い性格を明るくしたい、嫌いな自分を好きになりたい、
ポジティブな自分になったら恋も仕事もうまくいくのに・・・
変えたいのに変えることのできない性格の悩みは、
多かれ少なかれ誰もが持っているテーマかもしれません。
しかし、なかなか解決法が見つからず、自分の内で嫌いな自分を膨らませ、
悶々としてしまう人も少なくないのです。

でも、ちょっと待ってください。

性格は変えちゃダメなんです。性格は、変えるのではなく、生かす。これが本当です。

解決の考え1 性格は役割

まず、受け入れていただきたいのは「持って生まれた性格は、何をやっても変わらない」という事実です。
それを変えたいと願うのは、アヒルが白鳥になりたいと願うようなもの。
本来、アヒルはアヒルらしく、白鳥は白鳥らしく生きるのが最高なのであって、
アヒルがいくら白鳥のように振る舞ったとしても、
本質的に変わらない=変えようとするだけ苦しまなければいけなくなります。

でも、考えてみてください。性格を改善したいと思うのは、
自分の価値観で人と自分を比較して、"こんな自分だから悪い"と捉えているだけ。
「性格は役割」という言葉がありますが、あなたには、その性格だからこそできる役割、
その性格だからこそ学べること、その性格ゆえに気づけることが山ほどあるのです。

このページを開いた方の中には、これまで少なからず性格改善に取り組んだ経験のある方もいるでしょう。
でも、たくさんの自己啓発の本を読んで、勉強して、努力して、それで本当に性格が変わりましたか?

あなたは、そのままのあなたでいいんです。今、すべきなのは、あなたの性格を正しく捉えること。それができれば、あなたの目の前にまったく新しい世界が展開します。

解決の考え2 自分を生かす場所を見つければ、悩みが消える

ある会社に転職したばかりの女性社員は、入社直後から愚痴が絶えませんでした。
「なんで、この会社はこんな書類もそろってないのかしら!」
その愚痴を聞いていた上司は、この女性に言いました。
「だから君がこの会社に来ることになったのではないかな?
この書類があればより効率的になる。
今まで会社にいた誰も気づけなかったことに気づく、君の感性は素晴らしい。
その書類を、ぜひ君が作ってくれないか?」

あなたが気づいたところに、あなたの役割があるのです。

社員のみんなが社長と同じ性格、同じ感性だったら、
そもそも社員はいらないかもしれません。
みんなが社長の役割をしようとしたら、会社は成り立たないのです。
違う性格、違う性質だからこそ、それぞれの役割を果たせるのです。

「気が短い」から「仕事が早い」
「心配性」だから「先々まで計画的にできる」
「忘れっぽい」から「過去に囚われずに前進できる」・・・

自分が「欠点」と思っている性格にこそ、役割が示されています。
そういう感性を持っているからこそ気づけることがあり、
その性格、性質だからこそ生かせる仕事、役割があるのです。

また、これは何も、仕事に限ったことではありません。

あなたの親友は、あなたと全然違う性格かも知れません。
あなたの父と母は、まるで反対の性質かもしれません。
あらゆる人間関係の中で、「性格」というそれぞれの役割があるのです。
そのことに目覚め、自分を生かす場所がわかれば、「悩み」は悩みでなくなります。

では、どうやったら今の自分の生かし方がわかるのでしょう。

性格も同じ。そのままの自分を生かせる場所がわかれば、悩みは消えるのです。
では、どうやったら今の自分の生かし方がわかるのでしょう。

それは、あなた自身が「本当の自分」に目覚めることで可能になります。

あなたの心の奥底には、今のあなたが意識していない「本当のあなた」がいます。
「本当のあなた」は、他の誰とも似ていない、誰も真似することのできない個性と才能に満ち溢れています。

そもそも、今の自分の性格を変えたいと思うのは、変わった自分になることで、
人から認められたい、評価を上げたい、愛されたい、喜びで満たされたいという欲望があるから。

では、「今の自分」を変えるためにはどうすればいいか。

でも、「本当は満たされていた自分」に気づけたとき、「人と比べる自分」も、「こうでなければダメ」という価値観への執着も捨てることができる=そのままの自分を受け入れることができるのです。

解決の考え3 全体の中の個に目覚める

あなたは、ちょっと口下手な人かもしれません。
内気で、友達が少なく、人を相手にするよりモノを相手にする方が、気が楽という人もいるでしょう。

しかし、それをマイナスと捉える必要はまったくないのです。
それこそが、あなたに与えられた役割・ミッションです。
人を相手にするのが得意な人にはそうした役割があり、
モノを相手にするのが得意な人には別の役割がある。
ジグソーパズルのピースと同じで、この大きさ・形でなければはまらない場所があるのです。

反対に、今の自分を受け入れることができると、
自分で自分が好きになり、悩みが消えてしまうだけでなく、外に向かって求める必要がなくなるので、
結果として、人から見える性格が変わったように見えることがあります。あなたが自分に自信を持つことで、
不思議なことにまわりの見方も変わるのです。

そこまで聞いて、本当に性格を変えたいと思いますか? もう無駄な努力はやめて、そのままのあなたを生かせる場所を見つけませんか?

あなたが「本当の自分」に目覚めるためのカギが、『心の学校』にあります。

「本当の自分」のことを、『心の学校』では、真(まこと)の我(われ)とかいて『真我(しんが)』といいます。
『真我』とは、教えではなく、あなたの中にある答えです。

『真我』の出逢いには、性格の問題に限らず、職場の人間関係、夫婦、親子の人間関係、お金の問題、トラウマ、
そして人生の目的探しや自分探しの答えも全てが備わっているのです。


あなたの職場の人間関係の悩みを一瞬で消し去る秘密がわかるCDを無料でプレゼントします。ご希望の方は今すぐ下記をクリックして、ご請求ください。