過去のトラウマに悩まされている方へ




あなたには、恐れや不安があるでしょうか?
それとも、人間関係や自分の行動で、いつも避けてしまうことや見たくない現実、関わりたくない出来事などはありますか?

あなたの不安や恐れは、どこからやってくるのでしょうか?


私たちは、幼少期や人生を生きていく中で、程度の差はあれ、傷ついたり、苦しんだり、辛い経験もたくさんします。
そんな人生の中で、いつしかそうした過去に受けた心の傷が、
再び同じような状況を経験をすることによって、痛みを感じることがあります。それがトラウマです。
トラウマは心的外傷とも呼ばれ、過去の辛い出来事や経験を時間が経っても完全に忘れることができず、
社会生活が上手に営めない、人生設計が狂ってしまった、人間関係がうまくいかないなど、
別の問題を引き起こすきっかけをつくってしまうことがあります。

少し立ち止まって、考えてみてください。精神世界について学んだ知識は、あなたの人生に本当に活かせているでしょうか?あなたが本当に望んでいることは、どんなことでしょうか?それを考えたことはありますか?

解決の考え1 記憶のスイッチ

たとえば、父親に対してトラウマを持っている人は、
会社の上司のちょっとした表情が父と似ているというだけで、苦手意識を持ってしまうことがあります。
これは、時間の経過によって普段は忘れているはずなのに、
ちょっとしたきっかけがスイッチとなって心の深い部分に記憶されているテープが自動再生(フラッシュバック)された結果、
本当はいい上司にも関わらず、強い拒否感が現れてしまうためです。
トラウマがやっかいなのは、感情をセルフコントロールできないこと。
自分でスイッチを押したつもりはなくても、テープがいつ鳴りだすかわからなのでは防御のしようがない。
それで、無意識のうちに自分を責め、人を責め、人との接触を避けたり、
トラウマが出そうな場や状況を避けたりしてしまうのです。
でも、ちょっと待ってください。

あなたは、過去は変えられないと思っていませんか? いいえ、過去は変えることができるんです。

もちろん、事実そのものを変えることはできません。
しかし、心の闇を消すことはできます。では、どうやって?

闇とはあなたがつくり出しているもので、闇はもともと存在していなかったことに気づくしか方法がない。でも、それに気づけば過去は変えられます。

解決の考え2 過去はあなたの心の中にある

さて、過去はどこにあると思いますか?
過去・現在・未来、時間はあなたの前後に永遠と続いている道のようにも思えます。
でも、こうイメージしてみてください。「過去は、今のあなたの心にある」と。

過去の記憶とは、感情の記憶の積み重ねであって、今は実体のないものです。
その実体のないものに対して、辛い、苦しい、みじめ、恥ずかしいと、
「今のあなた」が感情を付け加えているから、辛く苦しいのです。

つまり、過去を変えたいなら、「今の自分」を変えればいいのです。今のあなたの心が変わり、過去起きた事実の捉え方が変われば、過去は変わるのです。

では、「今の自分」を変えるためにはどうすればいいか。

あなたの感情の記憶の奥には、完全無垢だったころのピュアなあなた、つまり「本当のあなた」が眠っています。それを引っぱり出すことで、愛そのもの、喜びそのもの、プラスそのものの光で、全身が包まれるのです。

そんな「本当の自分」に目覚めるためのカギが、『心の学校』にあります。

解決の考え3 自分の中にある光によって闇が消える

今のあなたが、「愛そのものの心」に目覚めると、過去のあの出来事があったから今の自分がある、
過去の事実のどれひとつ欠けても、今の自分にならなかったと思えてきます。
「そんな、まさか」と、あなたは思うかもしれません。
ちょっと極端な例ですが、『心の学校』で、実際にこの体験をされた方がいます。
Aさんは、10代の頃に性的虐待を受けた女性。心の傷を引きずりながらも、成人して伴侶を得ることができました。
ところが、過去のトラウマによって夫婦生活が営めない日々が10年も続いたそうです。
夫がいい人だからこそ、自分を責め、さまざまな本を読み、セミナーをはしごし、
治療にも通ったけれど解決のめどが立たず、ここでダメなら死のうと思っていたAさんですが、
「愛そのものの心」に目覚めた瞬間、性的虐待をした相手すら許し、受け入れることができた。
つまり、Aさんは、完全に過去を変えることができたのです。
まるで、神業のような話ですが、Aさんだけでなく、

人間の心の一番深いところには、すべてを許す、誰も恨んでいない自分がいるのです。そこに気づくと、自分の中にある光によって、すべての闇が消えるのです。まるでオセロゲームのように、一瞬にして、黒から白に変わる世界を、あなたも体験してみませんか?


「本当の自分」のことを、『心の学校』では、真(まこと)の我(われ)とかいて『真我(しんが)』といいます。
『真我』とは、教えではなく、あなたの中にある答えです。

『真我』の出逢いには、トラウマに限らず、職場の人間関係、夫婦、親子の人間関係、お金の問題、性格の問題、
そして人生の目的探しや自分探しの答えも全てが備わっているのです。